予選に出場して決勝への出場権を得ない限りUDO WORLDS決勝には出場できません

すべてのルールはUDO UKガイドラインに基づき設定されています 

ストリートダンス全般

(ヒップホップ・ハウス・ポップ・ロック・クランプ・ブレイク・ワック・ヴォーグ・ダンスホールなど)

ソロ・デュオ・チーム・ソロバトルのカテゴリーがあります(同じカテゴリーの中で複数出演はできません)

例)チームカテゴリー内で 2チームに出場✖️

 ソロとチームに出場〇 ソロとデュオに出場〇 デュオとチームに出場〇 バトルとソロに出場


▼人数制限

1人

 

▼ソロ部門内1回出場のみ

同時にデュオ・チーム・ソロバトルへの参加は可能

 

▼時間制限

1分

 

▼音楽

DJが選んだ曲に合わせて踊るフリースタイル形式

ステージ上に何人かあがり、同時に1分踊ります。

※時間が終わったとMCから言われるまで踊ります

 

▼年齢枠

9才以下・10〜11才・12~13才・14〜15才枠・16才以上(2018年8月31日現在の年齢) 

 

 

▼賞金

全出場ソロダンサーの中から、最高得点のダンサーに賞金1万円!!  


▼人数制限

2人

 

▼デュオ部門内1回出場のみ

同時にソロ・チーム・ソロバトルへの参加は可能

 

▼時間制限

何組か同時に舞台にあがり、舞台上のデュオがいっせいに1分踊ります。

 

▼音楽

DJが選んだ曲に合わせて二人で踊るフリースタイル形式

 

▼年齢枠

9才以下・10~11才・12~13才・14〜15才枠・16才以上(2018年8月31日現在の年齢) 

※メンバーのうち、年齢の高い方の枠に出場

 

 

▼賞金

全出場デュオの中から、最高得点のデュオに賞金1万円!! 


▼人数制限

5人~25人

 

▼チーム部門内1回出場のみ

同時にソロ・デュオ・ソロバトルへの参加は可能

 

▼時間制限

2分30秒以内

 

▼音楽

自分たちで決めた曲で振付セットしたものを踊る

(CDを4/12までにUDOJAPAN事務局までご郵送下さい)

 

※小道具/イス・テーブルなど、舞台上に設置するものの持込はできません

 

▼年齢枠

9才以下・10~11才・12才〜13才・14~17才・18才以上・PARENTS(2018年8月31日現在の年齢)

Parents枠はメンバーの全員が次のいずれかであること(父・母・祖父・祖母・叔父・叔母)

<年齢枠の説明>

※色々な年齢が集まったチームや全員が一つの年齢枠内にあてはまらないチームでも出場できます。

■隣り合う年齢枠に属する場合、上の年齢枠の人数がチーム全体の25%まででしたら年下の年齢枠に出場できます

例)12人のチームの場合

10-13才:9人  14-17才:3人→ 10-13枠

■25%以上になる場合は年上の枠になります

例)12人チームの場合

10-13才:8人  14-17才:4人→ 14-17枠

■隣合わない年齢枠に属する場合年上の年齢枠からの出場となります

例)12人チームの場合

10-13才:9人   18才以上:3人→ 18才以上枠

詳しくはUDOガイドラインに基づき事務局側でどのカテゴリーになるか判断し、受付時にご連絡をさせていただきます

ご質問がございましたら事務局(090-5678-1587)までお電話下さいませ

 

▼賞金

全出場チームの中から、最高得点のチームに賞金2万円!! 


▼※バトルに関しまして

 日本予選ではバトルは行いません。ソロコンテスト形式で踊っていただき審査をします

※イギリスで行われる決勝に出場される際は1 on 1のバトル形式となります。

 

▼人数制限

1人

 

▼ソロバトル内1ジャンル出場のみとなります。同時にソロ・デュオ・チームへの参加は可能

 

▼形式

各ジャンルごとに、ステージに何人か立ち、同時に1分 ソロコンテスト形式で踊ります。

 

▼年齢枠

15歳以下

16歳以上

 

▼ジャンル

▽15歳以下(2018年8月31日現在の年齢) ヒップホップ・ハウス・ブレイク・ALL ジャンル(ロック・ポップ・クランプ・ワック・ヴォーグ・ダンスホールなど)

 

▽16歳以上(2018年8月31日現在の年齢) ヒップホップ・ハウス・ブレイク・ALL ジャンル(ロック・ポップ・クランプ・ワック・ヴォーグ・ダンスホールなど)

  

 ▼賞金

ソロバトルに出場ダンサー全員の中から、最高得点のダンサーに賞金1万円!!  



UDO WORLD 決勝出場枠 @England 2018.8.23-26

ソロ出場枠

9才以下枠   1位・2位

10〜11才枠 1位・2位

12~13才枠 1位・2位

14〜15才枠 1位・2位

16才以上枠 1位・2位

 

WORLD渡航援助金 

各年齢枠1位の方に2万円

デュオ出場枠

9才以下枠   1位・2位

10〜11才枠 1位・2位

12~13才枠 1位・2位

14〜15才枠 1位・2位

16才以上枠 1位・2位 

 

WORLD渡航援助金 

各年齢枠1位の方に2万円/人

チーム出場枠

9才以下枠   1位・2位

10~11才枠 1位・2位

12〜13才枠 1位・2位

14~17才枠 1位・2位

18才以上枠 1位・2位

Parents枠  1位・2位

 

WORLD渡航援助金     

各年齢枠1位の渡英するチームメンバーに対してお一人につき2万円

バトル出場枠

各ジャンル(年齢枠ごと)4位まで決勝出場権を得られます

▽15歳以下(2018年8月31日現在の年齢) ヒップホップ4名・ハウス4名・・ブレイク4名・ALL ジャンル4名(ロック・ポップ・クランプ・ワック・ヴォーグ・ダンスホールなど)

▽16歳以上(2018年8月31日現在の年齢) ヒップホップ4名・ハウス4名・・ブレイク4名・ALL ジャンル4名(ロック・ポップ・クランプ・ワック・ヴォーグ・ダンスホールなど)

WORLD渡航援助金  各ジャンル・年齢枠1位の方に2万円


※UDO WORLDにはUDO JAPAN事務局を通しての参加となります。

※UDO WORLDに関する参加詳細はUDO JAPAN終了後お知らせ致します

※実際に渡英される方のみ渡英費用から上記金額分が免除される形でお支払い致します。1位になっても渡英されない場合はお支払いされません

※UDO WORLDS決勝に出場する際、どのレベル(BEGINNER・INTERMEDIATE・ADVANCE)に出場するか審査員のアドバイスをもとに決定します


UDO ASIA-PACIFIC出場枠 @China 2018.11.3-4

ソロ出場枠

9才以下枠   1位・2位・3位

10〜11才枠 1位・2位・3位

12~13才枠 1位・2位・3位

14〜15才枠 1位・2位・3位

16才以上枠 1位・2位・3位

デュオ出場枠

9才以下枠   1位・2位・3位

10〜11才枠 1位・2位・3位

12~13才枠 1位・2位・3位

14〜15才枠 1位・2位・3位

16才以上枠 1位・2位 ・3位

チーム出場枠

9才以下枠   1位・2位・3位

10~11才枠 1位・2位・3位

12〜13才枠 1位・2位・3位

14~17才枠 1位・2位・3位

18才以上枠 1位・2位・3位

Parents枠  1位・2位・3位

バトル出場枠

各ジャンル(年齢枠ごと)4位まで出場権を得られます

▽15歳以下(2018年8月31日現在の年齢) ヒップホップ4名・ハウス4名・・ブレイク4名・ALL ジャンル4名(ロック・ポップ・クランプ・ワック・ヴォーグ・ダンスホールなど)

▽16歳以上(2018年8月31日現在の年齢) ヒップホップ4名・ハウス4名・・ブレイク4名・ALL ジャンル4名(ロック・ポップ・クランプ・ワック・ヴォーグ・ダンスホールなど)


※UDO ASIA-PACIFICにはUDO JAPAN事務局を通しての参加となります。

※UDO ASIA-PACIFICに関する参加詳細は6月中旬頃にご連絡致します

※UDO ASIA=PACIFICへの援助金はございません


KENSAKU

JUSTE DEBOUT in Hollandで優勝したダンサーがJUDGEとして来日! 

大会当日、ジャッジのワークショップを開催いたします。

 

ダンサーとして最高峰のジャッジのワークショップ

めったに受けられない貴重な機会です。ぜひこの機会に世界レベルのテクニックを身体で感じ

そして、ワークショップ内で、自分をおもいっきり自己アピールしてください!

Glenn Hudson(グレン・ハドソン)

ロンドン出身 DEFINITIVES ダイレクター・振付家・ダンサー

 

様々なスタイルのダンスを学び独自のスタイルを形成ヨーロッパ各都市、中国、アメリカ、オーストラリアなどでワークショプを開催

 

ʻDefinitives Dance Companyʼの芸術監督

2007年に結成されたDefinitivesはイギリス・アメリカ・オーストラリアのチームが集まる組織Skool Districtの一員

‘WOD (World of Dance) UK 2011&2014優勝

 'Zernell Fontaine' のミュージックビデオ振付

BEFFTA賞のベスト振付家・ダンサーにノミネート

スペインのトップダンスカンパニーRoyal Flushの振付家

Ruben "Chi" Verhoeven(ルーベン・チー・バーフォーベン)

Internatinoal Battles Won - 

Juste Debout Holland Locking 優勝  (2013 / 2014 / 2016)

The Notorious IBE Locking 優勝 (2012 / 2016)

SDK Bboy 2 on 2 World Finals 優勝 (2014)

Give it Up World Finals Italy 優勝 (2014 / 2015)

Streetfighterz World Tour Italy 優勝 (2014 / 2015)

Next Urban Legend Locking Paris 優勝

Funk City Battle Vol.2 France 優勝

Hiphop Revolution 2016 Housedance Sweden 優勝

D.O.D Freestyle Dance Battle vol. 57 Tokyo 優勝

Street Outlet Battle Porto 優勝

Pay The Cost To Be The Boss 1vs1 ファイナリスト(2016)

Funkin' Stylez World Finals ファイナリスト(2016)

インターナショナルヒップホップショーBLAZE世界ツアーに参加

世界大会のジャッジや "Got To Groove"というシアタープロダクションをRocheと創始

下記のイベントにダンサーとして出演

 

Tommorowland, Ladies of Soul, Summerdance Forever, North Sea Jazz Festival, The Notorious IBE, Everybody Dance Now, Solar Festival, The Dance Switzerland, Just Jam UK

 

Michael Bagsy(マイケル・バグジー)

 

日本

-Old School Night Best 4 Locking Japan

-Old School Night ワッキングベスト4

-C’est Le Waack vol.3 Finals Taiwan

-Hook Up Waack 優勝

Ocean Battle Session Taiwan Team Winner

- Juste Debout House UK 2017 winner 

イタリア

-Back To The Styles Italy 優勝

イギリス

-Battle For Life UK 優勝 Japan

- Brush Waack 2017 Winner Japan

イギリス、ロンドンに在住。15年以上のダンス経歴をもつ。

ロック、ワッキング、ハウスのジャンルで世界中のバトルに出場し、ワークショップを開催するなど幅広く活動中。ニューヨークのアーチバーネットやロサンゼルスのアナサンチャスに師事し、ワッキング、パンキング、ポージングを学ぶ。私のワッキングダンスはニューヨークのワッキング、ロサンゼルスのワッキング、パンキングのコンビネーションスタイルで、イギリスジャズダンスやブガルー、ポッピング、コンテンポラリー、アフリカン、ハウスダンスが融合している。ジーンケリー、ベリーブラザーズ、ニコラスブラザーズ、マイケルジャクソン、プリンス、ボブフォッシーに大きな影響を受けた。

・音楽性

・動きと振付ののバラエティー

・エネルギー、意気込み、自信

・ユニークでオリジナリティがあり、どう音楽を解釈しているか

・音楽性

・動きと振付ののバラエティー

・エネルギー、意気込み、自信

・ユニークでオリジナリティがあり、どう音楽を解釈しているか

・ミラーのイメージで動きがシンクロしているか

・関係性(お互いを高めあう振付)

審査基準 項目(60点満点)

①ストリートダンステクニック・・・10点

ストリートダンスの9つの基礎テクニック(ヒップホップ・ハウス・ロック・ポップ・ブレイク・ヴォーグ・ワック・クランプ・ダンスホール)において、どれだけたくさんの種類ができるかではなく、一つのテクニックの質を重視する

 

②振付の個性・・・10点

他のクルーとどう違うものを見せるか。どうシンクロしているか。ダイナミックさ。動きの質。 高低のレベルをいかに使っているか。タイミング。形。アングルのおもしろさ。

 

③創造性・・・10点

オリジナリティ。コンセプトやテーマ。音楽性・音楽の選び方

 

④パフォーマンススキル・・・10点

自信・集中力・意気込み・エネルギー・魅せ方

 

⑤ステージの使い方・・・10点

フォーメーション・ポジショニング・スムーズな移動

 

⑥ジャッジの意見や個人的考え・・・10点

 

ペナルティは下記の通り実施されます: 

 

音楽の中にひわいな言葉や不適当な言葉 = L 

年齢にふさわしくない衣装 = C 

年齢にふさわしくない動き = M 

音楽の制限時間を越える = T 

 

各ジャッジは各ペナルティごとに1ポイントをひくことができる

審査員長は上記の点をチェックし、順位が決まる前にポイントをマイナスする

 

※小道具/イス・テーブルなど、舞台上に設置するものの持込はできません

 

(ショーケースの場合:30秒以内で自分たちで撤収できる小道具は可能です)